ワンメーター

タクシー運転手さんに、どのくらいの料金が嬉しいのか聞いてみる。


バブリーな時代は遠い昔、不景気が続き、タクシー業界もなかなか厳しいようです。

私の住んでる地方都市は、不景気の極みのような街なので尚更です。

最近私は2800円くらいの距離の場所に定期的に乗る機会があるのですが、運転手さんいわく、このくらいの客は貴重らしく、非常に喜ばれます。

一度感じの良い運転手さんにあたったので、次からもその運転手さんを指名して乗っているんですが、喜んでくれて、先日が降りる時にお菓子をくれました(笑)

 

もう何度も乗せてもらってるので、いろんな話をするんですが、

「どのくらいの金額を超えたらラッキーって感じなんですか?」と聞いてみました。

すると、「そうだね~1500円超えたらよしって感じかな~」との返事だったので、

「じゃ、すっごい遠かったら『やった!』って感じになりますね」というと、

田舎道「いや、そうでもないんだよね。あまりに遠くに、それも田舎に連れてかれると、
遠すぎて帰りの時間が完全に無駄になるから、程々で回転がいい方がいいんだよね」

ははーん、なるほどね~

「先月、かなりの長距離のお客さんいて、ラッキーっちゃラッキーだったんだけど、
その後もどんどん遠くに行くお客さんが続いちゃって。

このままじゃ会社に戻れないと思って慌てて“回送”にしたんですよね。
あれは参りましたよ。二時間無駄にしたもんね。」

「僕は普段、駅まで1000円くらいの場所を流してるんだけど、これは結構効率いいんだよね。1000円までなら、タクシーでもいいかな、って思う人、結構いるから。」

ほほう。言われてみたらそうだわ。

私、駅まで2500円くらいのエリアに住んでるけど、基本的にバス利用。普段は乗らない。

でも、確かに1000円以内なら、急いでる時はタクシーでもいいか、って思っちゃう。

(私はペーパードライバーなんで、バス愛好家なんです)

ワンメーター「もうね、こんな景気ならワンメーターでも乗ってくれさえすれば全然OKですけどね!」と、

ハハハッと笑ってました。

私の住む街、初乗り料金580円エリア。

 

大穴狙いの0より堅実な580円の積み重ねが大事。  そんな時代です。しみじみ。