トレゾア

タクシーの運転手さんに「いい匂いだ…」と嗅がれる。


主婦になった今でこそ、日々に香水をつける事もなくなりましたが、

昔は結構いろんな香りを楽しんでました。

トレゾアその頃、ランコムの『トレゾア』って香水をプレゼントされた事があり、

女性らしい、甘い素敵な香りだったので愛用してました。

 

仕事終わりに女友達と飲みに行き、散々喋り倒して終電もなくなり、

タクシーで帰宅する事にしました。

その日は金曜でタクシーもなかなかつかまらず、やっと止まってくれたタクシーに乗車。

自宅の住所を告げました。

特にタクシーの運転手さんとの会話を楽しむ趣味もない私は、

眠気を我慢しつつボーッと乗ってたんですが、唐突な運転手さんの一言に目が覚めました。

「いい匂いだ・・・」

呟くように言われたその一言が、何に対して言われたものなのかわかりませんでした。

前触れもない唐突過ぎるセリフに、なんとリアクションしていいものだか。

独り言のような言葉だったので、スルーすると、もう一度

「ああ、いい匂いだ・・・」

どこかうっとりするような、陶酔したようなつぶやきが。

(ちょ、ちょっと怖いんですけど・・・)と思った私は、完全スルーを決め込む事にしました。

すると、今度ははっきり話しかけられました。

「お客さん、すっごくいい匂いですね。これ、香水の匂いですか?」と、

がっつり振り向いて言われたものですから、さすがにスルーもできません。

「ああ、匂いします?」と聞くと、

前のめり気味で、「します、します!お客さんが乗車した瞬間からすごくいい匂いが!」と。

嬉しいような、ちょっと怖いような、複雑な心境でしたが、

「そうでしたか。これ、ランコムってメーカーのトレゾアって香水なんですよ。」と言うと、

メモするなんと運転手さん、信号待ち時間に慌てて

「ランコム、トレゾア・・・っと」とメモし始めました(笑)

よっぽど気に入ったんでしょうね。

 

一言目の「いい匂いだ・・・」の時にちょっぴり変態だと思ってごめんなさい(笑)

 

あの後、奥さんに買ってあげたんでしょうか。 それとも彼女でしょうか。

今はもう販売終了した香水ですが、まだ少しだけ瓶に残ってます。

これを見る度、くれた彼よりあのタクシーのドライバーさんを思い出す私なのでした。