フロセミド

利尿剤クラッカーの変態タクシーニュースに戦慄する。


今朝、耳を疑うニュースがありました。

利尿剤入のクラッカーを若い女性にあげて、数分後からトイレに行きたくてモジモジする

女性をトイレに行かせず、失禁させる事を繰り返すこと40~50回。フロセミド

そして、それをこっそり撮影して自分の楽しみにする。

 

ど・・・ド変態!(驚) 

これは相当なレベルの変態ですよ・・・

 

ああ、何て気の毒な40~50人の女性たち。

乗ったタクシーで優しく差し出されたお菓子を信じて食べちゃったばっかりに・・・。

白雪姫みたいに毒りんごだったら死んじゃうよ。

この世知辛い世の中、素直過ぎる女性たちの多さにも驚きます。

昔なら「乗ったタクシーでお菓子をもらう」ってほのぼのエピソードだったと思うんですが、

今や利尿剤です。

困った時代になったもんだ。

 

犯人は41才の個人タクシー運転手。

ん? 個人タクシー? この若さで。

確か個人タクシーは10年間法人タクシーで勤務して、それなりの難しい試験を受けなきゃ

開業できないはずですが、そんな真面目に働いてきて、こんな変態事件・・・。

今回、勇気ある女性が告発したから表に出たけど、犯罪の質からいって、

泣き寝入りしてる女性が40人以上いるってわけで・・・。

これは重罪ですよ。

この変態事件はどのくらいの罪になるんでしょう。
数年入って、サラッと出てくるんでしょうか。

頑張って個人タクシーの資格とったのに、もうダメだろうし、

当然法人タクシーはもうNGでしょうね。

終わった・・・・。 変態で終わった・・・。

バレたら全てが終わるって、わかってただろうに、それでもやらずにいられないって、

どんだけ変態映像撮影に情熱かけてたんだ。

 変態の自分のマニアックな性嗜好にかける熱ってすごいんだって実感しました。

自転車のサドルを盗むとか、女のハイヒールだけ盗んで集めるとか、

捕まって唖然とする変態ニュース、たまにありますよね。

今回のこのニュースも、語り継がれる変態事件として残っていくでしょう。

 

こんな事件起こされたら、ハイヤー・タクシー業界大迷惑ですよね。

走行中のタクシーは密室状態だから、そこに疑念や恐怖がちょっとでも混ざるとOUTです。

ジェンガ一人の変態のせいで、全国のタクシーに大打撃。

 

少しずつ積み上げてきた信頼を、崩すのは一瞬。

二度とこのような最悪な事件が起きない事を心から願います。